2018/05/08 07:15

くすぶる貿易戦争の“火種”はドル円相場をどう動かす?

くすぶる貿易戦争の“火種”はドル円相場をどう動かす?
くすぶる貿易戦争の“火種”はドル円相場をどう動かす?

マーケット関連の各種報道のトーンが変わり始めたようです。世界貿易戦争勃発の可能性を指摘していた人たちがいなくなったわけではありません。その可能性を指摘するコメントがフェードアウトしてきたためです。

「今年は二度と1ドル=109円台までのドル円の上昇はない」と主張していたにもかかわらず、その水準を回復したことを受けて、コメントに困っているのかもしれません。

転機は何だったのか

ドル円相場は昨年のボックス相場を2月に下抜けしたことで、ドル安円高が加速しました。しかし足元では、「リスクオフの円高」というテーマに乗って、「リスクオン」のドル売り円買いポジションを取っていた投機筋が、「自分たちのリスクをオフにする」ドル買い円売りを進めていると思われます。

そして、4月24日に突然出てきたドナルド・トランプ米大統領の「中国は極めて真剣だ」「合意にこぎ着ける可能性は大いにある」という発言に、貿易戦争勃発を唱えていた人たちは戸惑っているのかもしれません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >