2018/05/21 11:30

スルガ銀行・米山社長は誰に向かって頭を下げたのか

スルガ銀行・米山社長は誰に向かって頭を下げたのか
スルガ銀行・米山社長は誰に向かって頭を下げたのか

シェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社「スマートデイズ」が経営破綻した事案に関連して、スルガ銀行は5月15日に開いた2018年3月期の決算発表会見で、危機管理委員会の調査結果を公表し、米山明広社長が謝罪しました。

今回の事案で、多くのシェアハウスオーナーに融資を実行したのがスルガ銀行でした。そして、その融資時の審査書類はスルガ銀行行員によって組織的に改ざんされていたというのです。

“地方銀行の優等生”と呼ばれていたスルガ銀行はなぜ道を誤ったのか、考えてみたいと思います。

地に落ちた“優等生”の看板

スルガ銀行が公表した行内の危機管理委員会の調査結果によれば、かぼちゃの馬車のオーナーを募集する際、多くのオーナーへの融資を実行したスルガ銀行が審査書類を改ざんし、融資を行っていたことが、正式に明らかになりました。

同行はシェアハウスオーナー1,258人に対し、合計で2,035億円を融資してきました。億単位の借入金を抱えたオーナーたちの弁護団は、「最も犯罪性が高いのはスマートデイズだが、最も責任が重いのはスルガ銀だ」として訴訟を起こしています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >