2018/05/25 18:00

有機野菜がもっと身近に?「ガチ農業シェアリング」の新風

有機野菜がもっと身近に?「ガチ農業シェアリング」の新風
有機野菜がもっと身近に?「ガチ農業シェアリング」の新風

遊休資産や空き時間を共有する「シェアリングエコノミー」という概念が大きな広がりを見せています。その波はさまざまな分野に及んでおり、農業分野においても共有経済の動きが起き始めています。

ただし、これまでの農業系シェアリングエコノミーといえば、都市在住者向けの農業体験だったり、農場や農業機械をシェアするといったものが中心。有体に言ってしまえば、“なんちゃって農業” “なんちゃってシェアリング”が主流でした。

そんな中、生業としての農業においてシェアリングの取り組みを進め、日本の有機野菜の流通システムを変えようという動きが、ブランド有機野菜で知られる宮崎県綾町で始まりました。いったいどんな計画が進められているのでしょうか。

「地方にとって、この上ない喜び」

「地方の一番の悩みは、自然という資源をもとにして、産業・経済と融合させながら、どう発展していくか。今回の取り組みは、これからの社会の方向性を的確にとらえており、地方にとってはこの上ない喜びです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >