2018/05/30 11:30

「スリおろして冷凍」なら調理もラクに、にんにくの保存方法

「スリおろして冷凍」なら調理もラクに、にんにくの保存方法
「スリおろして冷凍」なら調理もラクに、にんにくの保存方法

旬の野菜をおいしく食べる——それだけで、生活はより豊かになります。

野菜の旬がいつなのか、おいしく食べるための賢い選び方や、上手に保存するためのひと手間について、日本野菜ソムリエ協会認定の野菜ソムリエ・知久幸子さんに教えてもらいました。

今回の野菜は、丸ごと素揚げしてもおいしく、料理の隠し味としても活躍する「にんにく」。その見極め方をご紹介します。

保存方法によって異なる、にんにくの呼び名

日本一のにんにくの産地といえば青森県。青森県のにんにくの収穫時期は6月中旬~7月中旬頃です。

収穫直後から乾燥する前のにんにくを「生にんにく」といいます。水分が多く、瑞々しい香りが特長です。生にんにくの風味を味わえるのは、この短い間だけ。薄くスライスしてカルパッチョに散らしたり、すりおろして醤油と混ぜてお刺身につけて食べるのがおすすめです。

生にんにくをはじめ、にんにくには収穫後の保存方法によって、いくつかの呼び名があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >