2018/06/08 06:30

明解解説!イタリアがここまでグダグダになった根本理由

イタリアの政府債務残高の対国内総生産(GDP)比率は132%と、ユーロ圏ではギリシャに次いで高い水準。政権を担う両党の連立合意書を見ると財政拡大策が目立つだけに、国の借金減らしを求める欧州連合(EU)との関係に亀裂が生じる可能性も完全には否定できません。

EUとの間には、別の“火種”もくすぶり続けています。それは難民の問題です。イタリアには地中海を挟んだリビアなどからボートで密航する難民が後を絶たず、その数は2014年からの累計で約60万人に達したといいます。60万人といえば、鳥取県の人口を上回ります。

リビアからイタリアへたどり着いた難民の多くは、紛争や貧困から逃れようとアフリカ各国から経済力の高い欧州の北の国々を目指し、危険を冒してまで地中海を渡ってきました。中にはアフリカだけでなく、遠く離れたバングラデシュから来た人もいます。

難民がイタリアに送還される不条理

受け入れ側のイタリアには、「自国だけが難民問題で過度の負担を強いられている」との不満があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >