2018/06/10 11:30

「地獄の沙汰も金次第」の「沙汰」の語源にある経済的話題

汰の語源~たっぷりと水を流す様子~

では一方の「汰」はどういう語源を持つのでしょうか。

汰も会意文字です。まず偏は先程と同じく氵(さんずい)なので水という意味。いっぽう旁(つくり)の「太」は、人が手足を広げた様子である「大」に余りを意味する「、」が加わった形をしており、「太」全体で「何かが余っている」様子を意味します。そして汰という文字は、基本的には「余るほどの水がある」「たっぷりと水を流す」様子を表しています。

これが転じて、汰も「水を流してなにかを選別する」という意味を持つようになりました。

余談ながら、汰が登場する沙汰以外の熟語に「淘汰(とうた)」がありますね。これも本来は「水で流してなにかを選別する」様子を表します。実はここで登場する「淘」(とう)という漢字自体も「何かを選別する」意味を持ちます。詳しい説明は省きますが「水入りの容器に手を入れて掬(すく)うこと」「そのようにして何かを選別すること」を意味しているのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >