2018/06/09 11:30

コト消費はもう古い、「夏の消費トレンド」最新テーマは?

コト消費はもう古い、「夏の消費トレンド」最新テーマは?
コト消費はもう古い、「夏の消費トレンド」最新テーマは?

商品を所有する満足感ではなく、その商品を通じて得られる体験を購入する「コト消費」。ここ数年で小売りの現場などで頻繁に使われるようになったので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ところが、最近の消費傾向を分析して、この夏のトレンドを予測してみると、コト消費の一歩先を行く、最新の消費トレンドが浮かび上がってきました。新たな消費行動とは一体どんなものなのでしょうか。

ファッションは「90年代」がアツい

インターネット通販大手の楽天が約4万5,000店舗、約2億5,000万商品の購買データと外部要因を分析して予測した「楽天市場 夏の消費トレンド2018」。同社は6月5日、衣食住など5つの切り口から、この夏の消費トレンドを発表しました。

衣のキーワードは「消費者主導」。SNSの普及によって、従来のようなメディアではなく、消費者が発信源になったトレンドが広がっています。

たとえば、前年比で25.1%増の売上高を記録しているリーボックのスニーカー。1990年代に流行したアイテムですが、当時20代だった人が現在では40代となり、子供とおそろいで撮った写真をSNSにアップするなど、「90年代グッズ」が注目されているといいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >