2018/06/12 18:30

「もっと投資にお金を割きたい」が家計にもたらす相乗効果

「もっと投資にお金を割きたい」が家計にもたらす相乗効果
「もっと投資にお金を割きたい」が家計にもたらす相乗効果

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回はマネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のFPがお答えします。

mirai talkの無料セミナーで、「消費:浪費:投資」の割合は「70%:5%:25%」が理想的という話があり、なるほどと思いました。今は毎月3万円貯金しているだけですが、今後は投資(自己投資も含め)にもっとお金を割きたいと思っています。投資に回せるお金をどうやって作ったらいいのか、また、初心者にもおすすめの投資を教えてください。

〈相談者プロフィール〉
・男性、29歳、独身
・職業:会社員
・手取りの月収:30万円
・ボーナス:会社の業績によるため変動
・預貯金:50万円

【家計の内訳】
・毎月の貯蓄:3万円
・住宅費:12万円
・食費:6万円
・交際費:3万円
・衣服・美容費:2万円
・その他生活費:4万円
・保険:未加入

FP:ご相談ありがとうございます。mirai talkのファイナンシャルプランナー 宮城です。

「投資」は手取りの25%を目標に

ここでいう投資は、一般的な金融商品への投資だけではなく、自己投資を含めた「将来への投資となるようなお金の使い方」のことです。貯蓄もここに含みます。この投資に充てる金額は、手取り収入の25%ほどが理想的です。

相談者さんは貯蓄が月3万円とのことですので、手取り収入の10%ですよね。生活の仕方を見直して、支出を下げ、投資に回せるお金を増やすようにしましょう。

支出を消費・浪費・投資に分ける

支出を削減していくには、まず自分のお金の価値観を明確にしていくことから始めましょう。自分の支出を記録し、それぞれの使い方を考えてみましょう。

たとえば、生活する、生きていくために必要な食費、水道光熱費などは「消費」、なくても困らないけど買ってしまったものは「浪費」、自己成長や将来の自分のためになる勉強代や預貯金・資産運用などは「投資」。

お金を使うたびに「これはどれにあたるかな」と考えていくだけで、お金の使い方が少しずつ変わってきます。

この支出の理想の割合は、年収800万円程度の方までは、消費70%、浪費5%、投資25%ですので、消費や浪費が理想より多いようであれば削減し、投資にお金を回せるようにしていきましょう。

意識するのは「貯める投資」と「自己投資」

投資に回す25%の中でも、意識していただきたいのは「貯めるための投資」の割合です。目安にしてほしいのは、25%の投資のうち2/5(手取り収入の10%)を自己投資に使い、残り3/5(手取り収入の15%)を貯めるための投資とすることです。

相談者さんの場合、投資として使いたい金額は、手取り30万円の25%にあたる7.5万円。そのうち3万円は自己投資に、残る4.5万円を預貯金や資産運用に使っていきましょう。

今は貯蓄が少ないため、毎月4万円を預貯金に、0.5万円を資産運用に回すイメージで捉えてみましょう。焦ってたくさんの金額を資産運用に回す必要はありません。貯蓄と並走しながらコツコツ始めてほしいと思います。

初心者におすすめの投資とは?

初心者におすすめの投資についてですが、大原則として大金はつぎ込まず、なくなっても問題ないと思える少額(たとえば3,000~5,000円程度)から毎月コツコツ買えるものを始めてみましょう。

徐々に自分のリスク許容度や、投資に対する考え方がわかってくると思いますので、つみたてNISAなどの税制優遇制度もうまく活用しながら投資金額を増やしていけるとよいですね。

肝心の商品は、長期・分散・積立、そして低コストという投資の原則を守ったものを選ぶようにしましょう。初心者の方には投資信託での長期投資をおすすめしています。つみたてNISAで購入できる商品は比較的低コストで初心者向けのものが多いので、そのラインナップから選んでみると良いでしょう。

自分で理解できない複雑な商品、まとまった元手が必要な商品、手数料が高い商品(具体的には信託報酬が1%以上のもの)などは、投資初心者の最初の選択としてはおすすめできません。

楽しくなると起こる投資の相乗効果

投資を始めて「少し増えた」という経験をすると、「もう少し投資できる額を増やしたい」と思うようになることが多いものです。そこでたどり着くのが、”家計改善”。投資をしている人は家計への興味も高まり、家計状況が良くなっていくことが多いです。

相談者さんの場合は、投資が楽しくなってくると、手取りの4割ほどを占めている住居費が気になってくるでしょうし、食費や交際費など、自分で無駄だと思える支出を見つけ、全体的に支出を少しずつカットカットしようという行動に変わってくると思います。投資を始めると、お金に対する関心も高まりやすく、自分で自分の周りのお金を整えようとする方が多いです。

理想的な始め方や家計の見直し方は前述しましたが、今できている毎月の貯蓄額の一部で投資を始めてみると、この相乗効果で家計も絞られ、投資に回すお金が増やせ、希望に合った状態に変化していけるはずです。自分のお金の使い方を意識しつつ、まずは少額から積立投資を試してみるということでもよいと思いますよ。

mirai talkはマネーフォワードから生まれた公平で安心できるお金の相談窓口です。新宿駅から徒歩約5分。家計改善のコツがわかる無料セミナーを毎週開催しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >