2018/06/14 18:30

28歳女性、ボーナス50万が生活費の赤字補填に消える日々

28歳女性、ボーナス50万が生活費の赤字補填に消える日々
28歳女性、ボーナス50万が生活費の赤字補填に消える日々

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回はマネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のFPがお答えします。

収入が少なく、家計が毎月赤字になってしまうのが悩みです。家計を黒字化させ、毎月少しずつでも貯蓄ができるようになりたいです。毎日できるだけ自炊をしたり、お弁当を作って会社に持参したりと努力していますが、なかなか改善できません。貯蓄ができるようになるにはどうしたらよいのか相談させていただきたいです。

〈相談者プロフィール〉
・女性、28歳、独身
・職業:会社員
・手取りの月収:20万円
・ボーナス年額:50万円(生活費の補填と残りは貯金)
・預貯金:40万円

【家計の内訳(23万円)】
・住宅費:8万円
・食費:3万円
・交際費:2万円
・衣服・美容費:3万円
・ジム・習い事費:3万円
・その他生活費:4万円
・保険:未加入

FP:ご相談ありがとうございます。mirai talkファイナンシャルプランナーの宮城です。

支出削減の効果が出やすいのは「固定費」

毎月赤字で悩んでいるのですね。食費については確かに支出額として少なく、努力されていることが分かります。ずっとこのまま継続できるとよいですね。

ただ、食費や光熱費をはじめとした変動費は、体調が悪くなったり、仕事が忙しくなり毎日の自炊が困難な状態になるなど状況によって簡単に支出がアップしてしまうので、節約効果は不安定です。日々の努力がなくても、一度改善すれば効果がずっと続く「固定費」の見直しからおすすめしています。

月5,000円以上払っているなら格安スマホの検討を

支出削減の効果が出やすいのは、通信費や生命保険料です。通信費についてはご質問の内訳には記載がありませんでしたが、大手キャリアからMVNO(格安スマホ)に変えるだけで、毎月の支払いが半分以下に下がることもよくある、削減効果の高い方法です。大手キャリアをお使いで携帯利用料として毎月5,000円以上支払っている場合は、一度切替を検討してみましょう。

相談者さんは生命保険には加入していないとのことですので、見直しは必要ありませんが、貯蓄が少ないので、万が一病気やケガなどで入院するようなことが起きた場合、治療費の支払いなどに不安があります。支出を増やすことになってしまいますが、保障内容をしっかり検討した上で、掛け捨ての医療保険に入っておくと安心だと思います。

ファッション・美容・習い事は優先順位をつけて

支出の内訳をみていると、衣服・美容費、ジム・習い事費の支出が多いようです。つまり、生活のためではなく、自分自身のためにお金を使っていることにもなるかと思います。

こういった支出がすべてダメだというわけではありませんが、毎月同じように使っていると貯蓄ができるようにはなりません。メリハリをつけて使っていきましょう。

たとえば、習い事は2つか3つされているのでしょうか。そうであれば、優先順位の高いものだけを続けていくとか、洋服を買った月は化粧品代をかけないよう意識するとか、そういったメリハリが必要です。

これらの支出は、かけようと思えばいくらでもお金をかけられます。自分にとって価値あるもに優先順位をつけ、支出をコントロールしていかないと、赤字からは抜け出せないでしょう。

見栄を張るタイプは要注意!

支出が高くなる理由は、その人の性格などにより、いくつかの傾向があります。習い事や洋服代が高くなる人は、「みんながやっているから」というような“みんなと同じが当たり前”という考え方をしていたり、「いつも同じ洋服は着られない」「周りから褒められたい」という“見栄を張る”タイプだったりします。

ほかにも、なんでも“仕方がない”で片づけてしまったり、“節約しているつもり”になっていたり。

お金を使う前に「本当に必要な支出か?」「将来の自分にとってプラスになる使い方か?」を考えるように癖づけるなど、一度自分の支出の仕方をしっかりと振り返ってみてください。

「ボーナスから貯蓄ができた!」を目標に

一生懸命働いたご褒美ともいえるボーナスも生活費に消え、貯めたと思ってもまた使ってしまうような生活であると思います。ボーナスは必ず出ると保証されているものではありませんので、せっかく支給されても大部分が生活費に消えてしまうのはもったいないと思います。

削減できる支出をさまざまな方向から検討し、少しずつでも安定的に削減していきましょう。家計の黒字化はすぐに実現するのは難しいかもしれません。ですが、毎月プラスマイナスゼロの家計にできるようになれば、これまで毎月の赤字補填に使っていたボーナスの多くを残せるようになります。

まずはボーナスから貯蓄ができることを目標に、家計の黒字化に向けて頑張ってください。

mirai talkはマネーフォワードから生まれた公平で安心できるお金の相談窓口です。新宿駅から徒歩約5分。家計改善のコツがわかる無料セミナーを毎週開催しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >