2017/06/26 20:45

選びたいのは、ストーリーまで愛せるアップサイクルなモノまとめ

ただのリサイクルではなく、元の商品よりアップグレードして蘇らせる「アップサイクル」が新たなものづくりの方法として話題。使い心地やデザイン性はもちろん、裏に流れるストーリーを知るとさらに愛着が湧く。そんな、これまでにない満足感が得られるモノたちをマイロハスの記事のなかから集めました。

京都の黒染技術で蘇った古着

201706_upcycling_01.jpg

100年間、黒紋付を専門に黒染めを行っていた会社が、その伝統技術を使って古着をリ・ウェア。2013年からはWWFへの寄付も行われるシステムになり、アップサイクルに環境保全までプラス。キズやシミがついてしまったお気に入りの服が、地球に役立つカッコ良いブラックアイテムとしてワードローブに復活します。>>着られなくなった服がシックに変身。伝統技術による古着のアップサイクル

戦争遺物からアクセサリーへ

201706_upcycling_02.jpg

ARTICLE22の「peace bomb」ラインは、ベトナム戦争で使用された爆弾や遺物のアルミニウムをベースに作られたアクセサリー。ダイヤモンドがアクセントについたものもあり、シンプルでカジュアルにも使いやすい。売り上げの一部は、不発弾の撤去や、現地の人々の暮らしを支える活動へ寄付されます。>>戦争遺物をアップサイクル。強い心を手に入れるジュエリーに

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >