2017/07/02 12:45

日本にも欲しい! フランスで広がる時短重視の次世代型マルシェ

フランス人にとって休日のマルシェは生活と非常に密着したものです。新鮮な野菜や肉、パンを買いそろえる休日は、何よりの楽しみでもあります。しかし、毎週休日がやってくる度にマルシェに出かけて買い物をするには、時間も体力もいるのも事実。「土曜の朝くらいゆっくり眠りたい」、と思う人も多いはず。

フランス全土に広がる時短重視の次世代マルシェ

最近フランスでは、時短重視の生活に適した、次世代型マルシェとも言える食品の販売ネットワークを利用する人が増えてきました。それは、「La Ruche qui dit Oui!」(ラ・ルシュ・キ・ディ・ウィ)と言う地産地消型の食品販売ネットワークです。2011年にフランス南西部・トゥールーズで販売を開始し、その後メディアの注目を集めてフランス全国に800以上(2016年1月現在)にものぼる販売拠点を設けました。この販売拠点のことを「Ruche=蜂の巣」と呼び、自分の家からいちばん近いRucheにネットから無料登録をすると、毎週新鮮な食材の買い物がスマートフォンからでもできるというものです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >