2017/07/06 20:45

食べ合わせでさらにヘルシーになる食材リスト

食材の中には、何と一緒に食べるかで、健康への効果がアップするものがあります。フランスの雑誌『L'Express』が挙げる「身体に良い組み合わせの食材」をいくつか紹介しましょう。

1.豆類と穀類

栄養学者フロランス・フーコー氏によれば、

穀類には、(体内で合成できない)必須アミノ酸、リジンが欠損しています。豆類には、必須アミノ酸のひとつ、メチオニンが足りません。したがって、この2つを組み合わせることで、必須アミノ酸をすべて摂取することができます。

(『L'Express』より翻訳引用)

豆類と穀類の組み合わせ料理と言えば、フランスでは、クスクスと呼ばれる北アフリカ料理が有名です。野菜や肉をスパイスで煮込んだソースを、スムールと呼ばれる小麦原料の粒にかけて食べるのですが、必須なのがひよこ豆です。スムールとひよこ豆の組み合わせで、より身体に良い栄養源となっていることがわかります。

日本食は、豆類をよく使うので、この組み合わせの食事も多いように思います。大豆入りの五目飯はもちろんのこと、きなこをまぶしたおはぎやお団子も、良い食べ合わせといえそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >