2017/07/23 07:20

大暑の日の過ごし方:瞑想やマインドフルネスで心をすっきりと整えよう

快晴の日が続き、真っ青な空にモコモコとした夏雲がそびえる季節になりました。二十四節気では「大暑」をむかえ、昼間の猛暑や熱帯夜に悩まされる時期に突入。さあ、いよいよ夏本番です!

暮らしに活かす二十四節気「大暑」の過ごし方

「大暑(たいしょ)」
・毎年7月23日頃
・太陽と地球の関係:120度

今日(2017年7月23日)は、二十四節気の「大暑」です。大暑は、一年のうちで暑さがもっとも厳しい時期。しかし、暦のうえでは夏の終わりを意味しています。大暑の次にめぐってくる二十四節気は「立秋」です。大暑を含んだ、立秋直前までの約18日間を「夏の土用」といいます。

土用とは、年に4回ある季節の変わり目のことで、立春・立夏・立秋・立冬の直前の約18日間をさします。
昔の人は、土用には土いじりや土木工事などを避け、慎ましく暮らすことをよしとしました。季節の変わり目にあたる土用は、体調を崩しやすい時期のため、体を動かすよりも休息や養生につとめるべきと考えたのでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >