2017/07/26 21:45

さわやかな大自然の魅力を感じる。夏に読みたい、人生のヒントが見つかる旅行記

1999年、当時24歳の大竹英洋さんはあこがれの写真家に会うために、カナダとアメリカの国境付近に広がるノースウッズに旅に出ます。

20170726_otake7.jpg

写真家の住所は知らない。手がかりは写真集にある家の写真と手書きの地図と、ナショナル ジオグラフィックの記事だけ。『そして、ぼくは旅に出た。』は夢に向かい、ウィルダネス(原生自然)を旅した大竹さんの旅行記です。

スピリチュアル・クエスト

20170726_otake3.jpg

ノースウッズとは、北アメリカ大陸の中央北部に広がる湖水地方のこと。数え切れないほど多くの湖が点在しているので、車での移動は困難な場所もあります。大竹さんは、乗ったこともないカヌーを現地調達し、写真家が住んでいると思われるエリアを1人目指します

無謀とも言える旅に駆り立てたのは、半年前に見た夢。それは針葉樹の中で鋭い視線を向けるオオカミでした。写真家としてテーマを模索していた大竹さんは、オオカミについて調べ、引き寄せられるように自然写真家ジム・ブランデンバーグを知るようになります

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >