2017/07/29 12:45

からだにひんやり染みる。トウモロコシと枝豆のビシソワーズ

続く暑さで食欲があまりわかない。そんなときこそ、栄養満点の冷たいスープでスタミナ&エナジーチャージしませんか?

今回は、ジャガイモに旬のトウモロコシ、枝豆、豆乳を加えて、冷製スープ「ビシソワーズ」を作ります。ポイントは、美味しいトウモロコシと枝豆の選ぶところから。

旬のトウモロコシは、鮮度が命!

トウモロコシの旬は6~9月。野菜の中では高カロリーで糖質、タンパク質が主成分。胚芽の部分にはビタミンE・B1・B2、カリウム、亜鉛、鉄などの栄養が詰まっています。セルロースが多く食物繊維が豊富なので腸をきれいにする効果も期待できます。

収穫して24時間経つと栄養も味も半減してしまうため、新鮮なうちに食べるのがおすすめ。買ってすぐに加熱して冷凍すれば美味しさも栄養もそのまま保存できます。また、缶詰めと生の栄養は変わらない! のですが、物によっては塩分が多めなので注意が必要です。

畑のお肉、新鮮な枝豆の選び方

枝豆は、大豆が熟す前の未熟果で、7~9月が旬。畑のお肉と呼ばれるほど良質のたんぱく質と糖質、脂質、ビタミンB1・B2、カルシウムが豊富です。大豆にはないビタミンCと葉酸も多く体の成長促進、貧血予防などに効果が期待できます。枝豆も鮮度が命。枝から切り離されると一気に味が落ちてしまうので、枝付きの物を購入しすぐに茹でるのがおすすめです。選ぶポイントは、枝の隙間が狭く、密集しているもの。うぶ毛がキレイについているものが新鮮な証です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >