2017/08/09 22:45

沖縄の盛夏の野菜の顔ぶれ #根本きこの島ごはん

「もしもし、今週の野菜の注文聞きますー」と、今帰仁の野菜の生産者である、片岡さんから毎週水曜日に電話が入る。「ウンチェーバー(空芯菜)、なすび、サラダナーベラー(へちま)、つるむらさき、モロヘイヤ、赤しそ、青しそ、島かぼちゃ、以上になりますー」「先週、赤紫蘇たくさんもらったので今回はなしで。後は全部ひとつずつください」と、告げ、「じゃ、明日!」と電話は終わる。片岡さんは京都の方なので、前出の会話は関西のイントネーションだ。

20170809_shima_04.jpg「なす」も歴然として「なすび」であって、写真のように、白&紫&翡翠色の3色が1本ずつ入っている。そして、このラインナップはしばらく続く(だろう)。これが、沖縄の盛夏の野菜の顔ぶれ。

ウンチェーバーは、潰した島にんにくと、エノキダケかしめじを入れてさっと炒める。味付けはナンプラー、そして隠し味の味噌と粗糖を少々。これがうちの定番中の定番。ときに、油が鶏皮を炒めたときに出る、鶏油(チーユ)になったりするけれど、基本の味付けは変わらない。たまにたくさんのウンチェーバーをもらったときなどは、しっかりと醤油を効かせ、鷹の爪も入れてじっくり炒め煮する。すると、まるでわらびのような山菜的な風味になり、炒り白胡麻をぱらり。ごはんの友の出来上がり。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >