2017/09/08 22:45

疲れにくく動ける体に。さんまと舞茸の混ぜるだけ秋の香味ご飯

旬の食材や定番食材をより美味しく手軽にそしてヘルシーに食べることを提案する短期連載「体が喜ぶ時短レシピ」。Vol.1は、秋の味覚の代名詞、さんまに注目! 脂がのって美味しいさんまには、DHAやEPAなど良質な脂がたっぷり。特にEPAは血液をサラサラにしてくれるので、運動効率のアップや、疲れない体のために欠かせない成分としてアスリートにも注目されています。

でも、さんまを焼くのは手間がかかるし、上手に焼けないという方に、おすすめなのが「さんまの缶詰」。美味しい時期に獲ったさんまを旨味ごとギュッと缶詰にしているので、栄養はそのまま、そして、何より調理時間を省いて手軽に使えるのもメリット大。もっと積極的に取り入れてみませんか?

今回は、さんまのかば焼き缶と旬の舞茸を使い、混ぜるだけで美味しい「さんま缶と舞茸の秋の香味ご飯」をご紹介します。

さんま缶と舞茸の秋の香味ご飯

<材料>1人分

さんまのかば焼き缶 1/2缶(汁含めて50g)
舞茸 1/2袋
ごま油 小さじ1/2
食塩 ひとつまみ
ご飯 茶碗1杯
小葱 適量
生姜 適量

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >