2017/10/03 21:45

ヨーロッパではスタンダードに? 助産師を目指す男性が増加中

保育士や客室乗務員など、様々な分野での男性の活躍も目立つようになってきた近年。しかしながら私が知る限り、「助産師」という仕事はまだまだ女性のドメイン。日本で男性の姿を見たことがありません。ヨーロッパでは助産師を目指す男性が少しずつ増えつつあるのだそうですが、その人気の秘密はいったいどこにあるのでしょうか。

夢のある仕事、ただ現実は激務?

不安だらけだった妊娠中から一転、今度は育てていくのに、母親は強くならなければなりません。そんな心強い一歩を踏み出すのに大事なサポートを与えてくれる、一番頼れる身近な人が助産師さんです。助産師はいわば「母親代表」みたいな存在。だからこそいろいろと聞きやすく、教えてもらえるならば、やっぱり男性よりも女性がいい! と思ってしまいます。

また産後のボディ・ケアや授乳指導などを考えると、やはり女性のからだのことを一番わかってくれるのは、経験豊富な女性じゃなければ難しいのでは? という偏見も働いてしまいそうです。しかし実際問題として、助産師さんは自身も子どもをもつ母親であるケースが多く、やはり新米ママたちの細かいケアをするとなると、どうしても限界が来てしまう。体力的にもうまくいかないことも多いことが、助産師不足の原因と見られているのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >