2017/10/03 16:30

1965年のアラーキーに会える。「CASE TOKYO」渋谷にオープン

いまやアートシーンを彩るムーブメントのひとつとなった「アートブック」。2017年10月5日(木)から天王洲で行われる「TOKYO ART BOOK FAIR」も待ち遠しいですが、それに先駆けて楽しみなイベントの情報が入ってきました。

アートブックの新たな拠点が誕生

case_01.jpgアートブックが、多彩な文化のプラットフォームになること。そんな目標をかかげ、2015年から「CASE Publishing」を運営しているCASE。東京を拠点に、写真や現代美術、デザインなど、芸術文化に焦点を当てた出版活動を行ってきましたが、この秋、東京とロッテルダムに拠点となるスペースを同時オープンするとのこと。

case_02.jpg東京の「CASE TOKYO」は、渋谷ヒカリエのほど近く、青山通り沿いの渋谷アイビスビルの地下1階。その空間は、「印刷物」「プラットフォーム」をキーワードに、配送用パレットから展開されたものだそう。展示コンセプトによって自由に構成できるという什器にも興味をそそられます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >