2017/10/10 16:30

太った先生ではだめ? いまヨーロッパで話題。あるイギリス人女性の主張

いまヨーロッパ女性の間で大きな議論となっているのが、イギリス「デイリー・メール」に寄稿されたエッセイ。イギリス人女性ヒラリー・フリーマンさんのものです。自身の娘を預ける幼稚園には「太った」教員しかいなかったことから娘を預けるのをやめたと公表しました。

自分の意見を堂々と言える勇気には脱帽。でも?

幼稚園の先生たちはとてもやさしく、人間性には全く問題ないとしながらも、様々な疑念にかられてしまったと彼女は言います。

その理由とは、「20代半ばにもかかわらず病的なほどに太っている」先生を見て、もし子どもに危険なことがあったなら、素早く動いて適切な処置ができないであろうと推測されるから。

またランチなども子どもたちと一緒に取るのか疑問に思いつつ、子どもに「太っていることは普通である」という間違った認識・習慣を植え付ける危険性があるとも指摘。教師はお手本的な存在でなくてはならないと自論を述べたうえで、この幼稚園では自分の子どもの成長に弊害をきたす、と考えたそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >