2017/10/04 20:30

食後に食べる。糖質が気になるときの秋の味覚の楽しみ方 #ポジティブ栄養学

秋の味覚が店先に並ぶシーズンになりました。栗やさつまいもをふんだんに使ったスイーツ、たわわに実ったぶどうに柿、ツヤツヤと光るさんまなど、見ているだけでワクワクします。でも糖質が多めなものも多く、ローカーボを心がけている人にとっては、二の足を踏んでしまうのではないでしょうか。私もそんなひとり。

食べたい、でも気になる......。一年に一度のこのシーズン、おいしい食べ物をみすみす逃すのはちょっぴり悔しいので、せめてデメリットを少なくしようと、オーソモレキュラーで勉強したことを思い出しながら楽しむようにしています。

甘い秋の味覚を楽しむための3つのルール

これからに季節においしい、さつまいもやかぼちゃなどは糖質の多い野菜の代表格ともいえるものですが、さつまいもには加熱に強いビタミンCが豊富。かぼちゃにはこれからの時期に喉や鼻の粘膜を強くしてくれるβ-カロテン、身体の酸化を防ぐビタミンEがたっぷり含まれています。糖質が多いというだけでこれらを遠ざけるのはもったいないので、

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >