2017/10/06 20:30

【習慣化したい自分メンテナンス術】イメージワークで心身リラックス

こんにちは。インド好きの翻訳者&エディターの松本恭です。連載「楽しい瞑想」Vol.8では、イメージ療法を用いて、がんやその他の心身の問題に悩む人々をサポートしてきた心理療法家の菅原はるみさんに、イメージを生かしてこころと体をリラックスさせるためのヒントを教えてもらいました。

20171005_meisou1.jpg

© eiichi matsumoto

心のなかで想像していると、まるで実際にその体験をしているように体が反応してしまったという経験はありませんか? たとえば梅干しをイメージすると唾液が出るなど。また「取り越し苦労」もその一例です。イメージは、人を癒やしたり、逆にそれがきっかけでストレスのもとになったりと、私たちの心身に影響する力を秘めています

菅原さんは、'70年代に大学院に留学したアメリカで心理療法を学び、臨床心理の経験を積みます。当時のアメリカはカウンターカルチャーが花盛りで、精神療法の分野も大きく進歩した時代です。すでに当時から、ヴィパッサナー瞑想やマインドフルネスのムーブメントがはじまっていたそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >