2017/10/11 20:30

乾燥に負けないハリ肌に、コラーゲンを作る3つの栄養 #ポジティブ栄養学

秋が深まると、気になるのは肌のかさつき。シワにもつながるため、気になるところです。美しい肌のためのケアといえば、コラーゲンをイメージする人も多いのではないでしょうか。配合されたクリームを塗ったり、パックをしたり。こうした外側からのケアも大切ですが、一方で限界があるとも......。

というのも、コスメ成分を肌に浸透させたいとお手入れにいそしんでも、肌の性質上、角質層よりも奥深くまでは浸透しにくいから。湯船に入ったときに身体が水を吸って体重が増えたりしないのも、肌に物質が浸透しにくいことを示すいい例ではないでしょうか。とくにコラーゲンは分子が大きいため、しみこませるのは難しいのでは、と感じます。だったら食べ物で体内から皮膚に供給してもらったほうがよほど無駄がなく確実です。

コラーゲンは、3つの栄養で作られる

肌の表面でターンオーバーを繰り返す表皮と皮下組織の間にある真皮層。この主成分がコラーゲン。真皮の約90%を占め、肌の弾力やハリ、明るさを作りだしています。その材料が、タンパク質とビタミンC、そして鉄。この3つがそろって弾力のあるハリ肌が生まれるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >