2017/10/21 18:30

海を眼下に深呼吸。小田原「江之浦測候所」を訪ねてみたら...そこは大人の"アート"ワンダーランド!

小田原駅を過ぎて、海沿いを走るJR東海道線からもう少しだけ車窓を楽しんだら根府川駅に到着。木造瓦葺きの小さな駅に降りたつと、大きな木と送迎バスだけが待ってくれて。

enoura_eki.jpg
JR東海道線の根府川駅。ホームからも海が近い、のどかな木造駅舎が旅心をくすぐる。

東京から小一時間だというのに、それだけで「ちょっと遠くに来てみたぜ♪」感は急上昇すること必至。さらにバスで山を登ること数分、目的地である「江之浦測候所」に到着です。

構想は壮大。大人のアートワンダーランド

10月9日にオープンしたばかりのこちらは、世界中のアート愛好家によって一目を置かれる現代美術作家・杉本博司氏が構想から10年以上を経て手がけた、複合的な文化施設(って少し事務的な表現ですが)。"アートの起源"を探るという彼のライフワークの集大成とも言える、大人の"アート"ワンダーランドでした。

enoua_05_4.jpg
この日はオープン直前の内覧会で、光学硝子舞台にて杉本博司氏のあいさつも。途中から正座(!)、が逆に和みのおもてなしに。
enoua_03b.jpg
内覧会では、初めて体感する海と空と杉本世界との競演にアートに詳しい取材者たちでさえもソワソワ、ワクワク。

相模湾を一望できるみかん山を譲り受け、自然な地形を生かしながら造成。周囲の豊かな自然を借景に、杉本博司氏の古美術や古典芸能、あるいは文学などの深い造詣でもって集められた(彼曰く「自然と集まって来るものです」)ギャラリー棟、石舞台、光学硝子舞台、茶室、庭園、門、待合棟などが敷地内には巧みに配置されています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >