2017/10/23 05:30

霜降の日からの過ごし方:季節の変わり目、薬味系食材と紅葉狩りで活力アップを

まだ10月なのに、ずいぶんと寒くなりました。秋をゆっくりと楽しむ間もなく、季節は一気に冬まで進んでしまったように感じますが、暦のうえでは「季節の変わり目」の真っ只中です。

暮らしに活かす二十四節気「霜降」の過ごし方

「霜降(そうこう)」
・毎年10月23日頃
・太陽と地球の関係:210度

今日(2017年10月23日)は、二十四節気の「霜降」です。霜降は、北部や高地ではそろそろ霜が降りはじめる頃で、暦のうえでは秋の終わりを意味しています。霜降の次にめぐってくる二十四節気は「立冬」です。毎年、霜降を含む立冬直前までの約18日間を「秋の土用」といいます。

土用とは、年に4回ある季節の変わり目のこと。体調を崩しやすい時期のため、いつも以上に自分の体を気遣い、養生につとめることが大切です。

薬味を活用して風邪をひきにくい体作りを

171019_soukou_1.jpg都心でも寒さを感じはじめ、冬の到来を予感させる霜降の頃は、風邪をひきやすい時期。風邪の予防法はいろいろありますが、日々の暮らしに取り入れやすいのは「薬味」を活用する方法。ネギや生姜、にんにく、わざび、唐辛子、レモンなどを、毎日の食事に少しプラスしてみましょう。これらの薬味系食材は、体のめぐりをよくして、免疫力アップが期待できるといわれ、風邪をひきにくい体作りに役立ちます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >