2017/11/17 05:30

乾燥する季節にオススメ。成分にこだわったリップクリーム3選

一日に何度も使うリップクリームは、成分にこだわって選びたいもの。今回は、実際に使ってみて、「処方、テクスチャー、パッケージデザイン」のすべてがいいと感じたおすすめのリップクリームを3つご紹介します。

<BLUME edena>

20171112_lip_01.jpg
ナリッシングリップバーム 1,782円(税込)

マカデミアナッツオイルと、東京利島の完全無農薬栽培の椿油を主成分としたリップバーム「BLUME edena」。凝固剤などの化学成分は一切使わず、マカデミアナッツオイル、オーガニックシアバター、ミツロウなど、天然原料100%のみで作られています。乾燥した唇にもスーッとなじみ、潤いが浸透してつややかな唇へと導いてくれます。

高知県産の上質なゆず&ジンジャー精油を使用していて、ほのかに柚子の香りが感じられるのもポイント。ジンジャー精油を配合することで、唇の血行を促進する効果が期待できるそう。マッチ箱のようなユニークなパッケージで、プレゼントにもピッタリです。

<COSKICHI>

20171116_rip_02.jpg
薬用オーガニック認証リップスティック オレンジ&ネロリ<医薬部外品> 1,058円 (税込)

約2年の開発期間を経て、「オーガニック認証」と「医薬部外品」のふたつを取得したリップクリーム「COSKICHI」。医薬部外品は、有効成分以外の部分についても使用できる原料に細かな規制があります。そのため、オーガニック認証に適合した原料で製品化することは非常に困難と考えられていました。

ひとつのリップクリームで「オーガニック認証」と「医薬部外品」を取得しているのは、史上初なのだそう!唇の荒れ、乾燥、ひび割れを防ぎ、唇にうるおいを与えてくれます。クセのない、ほのかな香りで男女問わず使えます。

<ARGELAN>

20171112_lip_03.jpg2017年9月25日にリニューアル発売された「アルジェラン」。食べられる成分100%、天然由来原料100%のみで作られたオイルリップスティックです。保存料や石油系ワックスを一切使わず、有機植物オイルや天然ミツロウなど100%天然由来かつフードグレード原料のみで作られています。

2つの植物オイルにもこだわりがつまっています。主成分であるオレイン酸が、唇の表面をなめらかに整えてくれる「アボカドオイル」と、保湿効果の高い「ココナッツオイル」をバランスよく配合することで、唇を優しく保護します。

そして、ドラッグストアのブランドとしては非常にめずらしく、「エコサート認証」を取得しています。ラインナップは、ネロリ×オレンジ、ダマスクローズ×ラベンダー、ゼラニウム×ペパーミント、無香料の4種類。テクスチャーもやわらかく、599円(税込)とリーズナブルなのも魅力。全国のマツモトキヨシで購入できます。

お気に入りのリップクリームを持ち歩いて、いつでも潤いを補給できるようにしたいと思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >