2017/10/30 16:30

空前のカフェブームを経て気づいた本当のヘルシーとは

【前編のあらすじ】

渋谷・桜丘町にあるオーガニック&自然派カジュアルレストラン「デイライトキッチン」の店主の塚本サイコさんに、オーガニック食についてお話を伺いました。後編となる本記事では、なぜヘルシー思考へとシフトしたのかなど、歳を重ねて変わる環境に身を任せながら、現在に到るまでを語っていただきます。

カフェブームを牽引した"プラスのヘルシー"思考

saiko_001.jpg

「結局、あの頃の私にとっての"ヘルシー"というのは、あれだったんです」

去る2000年頃、東京を中心に巻き起こったカフェブーム。オーナーの個性あふれる刺激的なお店がぞくぞくと生まれるなか、塚本サイコさんがつくったアジアンスイーツをいただけるカフェ「デザートカンパニー」は、行列が絶えないほどの、すさまじい「熱」を呼び寄せました。

「デトックス効果がある緑豆や、肝臓にいい胡麻を使ったお汁粉とか、そういうヘルシーな食材がダイレクトに取り入れられる、甜品(ティンパン)と呼ばれるスイーツを香港でみつけて。こういうのが食べられるお店があったらいいなと思ってつくったのが『デザートカンパニー』。いわゆる、カラダにいい食材を食べる"プラスのヘルシー"ですね」

お店の人気の理由のひとつは、それらがすべて、手作りで提供されることでした。

「それしか選択肢がなかったんです。注文を受けるたびに白玉を一からこねて、提供するのに10分以上かかる、というのは飲食店ではありえないのに、そうするものだと思っていたんです。普通に母親がしてくれたように」

母から教わったこと、自ら気づいたこと

そう、今の塚本さんがあるのは、母親からの影響がとりわけ大きいとか。

「ピアノの先生だったんですが、食へのこだわりがすごくて。あの高度成長期時代に電子レンジも使わず、洗剤も手作り、パンも自家製。それから本気の薬膳料理に興味を持ったことも、母の影響でした」

約3年後、塚本さんはより「商品としての食」をきわめるためカフェをクローズ。代わってプリンや杏仁豆腐などのデザート工房と、母親といっしょに薬膳料理のお店をはじめます。

「どんどん素材のほうを見ないと、と思って、いろいろ突き詰めていくうち、ある事実に気づいたんです。それはカラダにいいと言われている食材も、農薬を使うなど、栽培過程においては決してヘルシーだとは限らないということ。そうしてプラスの思考から、そぎ落としていくマイナスのヘルシー思考へと変わっていったんです」

人の能力を思い知った"出産"という経験

saiko_002.jpgさらにその後結婚をし、子どもを授かったこともまた、さまざまな自らの気づきにつながったといいます。

「私にとっての30代は、店を持ってバリバリ仕事をして、何人もスタッフを雇って、悩みごとを朝まで聞いて、という人生だったので、40を過ぎたあたりで、そろそろ自分のことを考えようって思ったんですよね。あと、子どものことも突然焦って。結局、42で産めたんですけど。原始的な意味あいでいうと、人ってすごい能力が備わっているんだな。それって、食に支えられているんじゃないかなと思ったんですよね」

片や。切実な問題として、自然分娩ができなかったことは、塚本さんに少なからずショックをもたらしました。

「人間の本来的な機能が弱まっているんだな、とも感じたんです。昔の人たちはすごかったんだな、と。世の中これだけ便利になっているけど、これからは、その原始的な感覚を、取り戻すことが必要だなって」

そして移住へ。自然に、当たり前に

saiko_003.jpg自分が強く生きていくための食。子どもが健やかに育つための食。そういうすべてに、ちゃんと向き合うこと。これが塚本さんを、神奈川と山梨の県境のある旧藤野町という地方への「移住」の道へと導きました。

「きっかけは、子どもをシュタイナー教育で育てたいと思ったこと。折しも夫の実家のある旧藤野町に、シュタイナーの学校があることを知って。そうなると、仕事場から遠いとか近いとか、ここでやるとか、どこでやるとか、そういうこともだんだんなくなってきて。住んでいるのは高尾山よりも標高の高いところなんですが、不便なんじゃないかという心配も、全然自分の中には入ってこないというか。ここで暮らしていく。でも、東京で仕事もするし、子どもをシュタイナー教育の学校に入れる。それらが全部決まっていたことのように、自然の流れで決まっていったんです

旧藤野町を選んだのは、物理的な理由からですが、この町は新規移住者や就農者がとくに多く、地域再生が活発に行われているエリアでした。

「当たり前にビオ市が開催されていて、料理上手のお母さんがたくさんいるので、手作りしたものを販売している。もちろん、東京もファーマーズマーケットは生活に根付いているけど、藤野だとより一層暮らしのなかのものを、ふつうに買いにくる感覚。あまりに当たり前すぎるから、忘れちゃうこともあるくらいで」

しかしそれが東京にくると、もちろんそれは、当たり前ではない。

「その当たり前が、実はすごく豊かなことなんだということを、東京にいる人たちに伝えていきたい。そして、どこで暮らしていても、オーガニックが当たり前になる世の中を作っていきたい。そう思っています」

自分のカラダを作る「食」を軸にしながらも、仕事、結婚や出産、そして暮らす町を通じて、少しずつ、でも確実に。自分がひとつの「答え」に向かっていると感じる塚本さん。

社会活動と、経済活動と、生命活動を一致させること。

誰かの、何かにとらわれない、自分の中の宇宙を知ること。

そうした個としての気づきが、やがて自然と、社会への影響を及ぼすこと。

塚本さんは言います。

それは決して難しいことではなく、きっと誰もがたどり着ける場所だと思います。

>>【前編】五感とインスピレーションを刺激する「食」の未来

撮影/内山めぐみ 文/山村光春(BOOKLUCK)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン