2017/10/28 12:45

切って煮るだけで旨味たっぷり「カブと豚バラの和ポトフ」

今が旬のカブは、大根よりも火通りが早く、葉や茎も一緒に食べられる栄養満点の冬野菜。煮込むほどにトロトロと味が染みこみ旨味たっぷり料理の主役になってくれる救世主です。

今回は、カブを使って、お鍋に、切った野菜と豚バラ、水と出汁パックを入れて煮るだけの簡単メニュー「カブと豚バラの和ポトフ」を作ります。

コンソメやハーブを効かせたポトフと違い、鰹の効いたお出汁で煮込む、おでんの様なほっこりレシピ。お手軽なパックタイプの鰹節を使用し、出汁を取るところから丁寧に作るのも美味しさの秘訣です。

和風だしで、コトコト火にかけてる間に、葉と茎のニンニク醤油炒めのトッピングを用意。仕上げにたっぷりかければアクセントに。身体に優しくたっぷりと旨味と栄養の詰まったスープは、ほっこりできる最高のストレス解消ごはんになりますよ。

栄養価が高いのは、カブの実より葉!

171027_tsuchida_kabu.jpg
image via shutterstock

カブの丸い実の大部分は水分。栄養面では、ビタミンCやカリウム、消化酵素のジアスターゼが含まれており胃もたれや胸やけにも効果的です。実よりも栄養価が高いのが葉の部分。カロチン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCのほか、カルシウムなどが豊富に含まれています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >