2017/11/07 05:30

立冬の日からの過ごし方:首をあたため、英気を養い、春に芽を出すチャンスを待とう

夏に比べると、太陽の光は弱くなり、日が暮れるのもずいぶんと早くなりました。季節はいよいよ冬へ。寒さや空気の乾燥を、肌でひしひしと感じるシーズンの到来です。

暮らしに活かす二十四節気「立冬」の過ごし方

「立冬(りっとう)」
・毎年11月8日頃
・太陽と地球の関係:225度

今日(2017年11月7日)は、二十四節気の「立冬」です。暦のうえでは冬の始まりを意味します。ライフサイクルを四季で表すと、春は誕生、夏は成長、秋は成熟、冬は老化。そう、冬はエイジングと深く関係している季節です。肌や体力などの「衰え」を感じやすい時期なので、意識的に休息することが大切です。

日の出の時刻は遅く、日の入りの時刻は早くなるのが冬。そんな太陽のリズムに合わせて、朝はゆっくり起きるのが◎。たまには布団の中でグズグズして、自分を甘やかしてあげてください。太陽の出ている時間が短いので、夜は早めに就寝を。「早寝遅起き」で十分な睡眠をとり、疲れをため込まないようにするのが、自然のリズムにあった養生のポイントになります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >