2017/11/09 05:30

テクノロジーが融合した体験型アートの祭典「養老アート・ピクニック」

アーティストの荒川修作氏と、そのパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏の30数年に及ぶ構想を実現した、身体で直接体験できるアート作品「養老天命反転地」をご存知ですか?

型破りなアート作品のある養老公園で行われるイベント

この作品は、メインパビリオン「極限で似るものの家」と「楕円形のフィールド」の2つの部分から構成されています。9つのパビリオンが点在し、対をなす丘とくぼみ、148もの曲がりくねった回遊路、大小さまざまな日本列島などがつくられています。この異空間のなかを全身でバランスをとりながら進んでいくことで、私たちの身体の持つさまざまな可能性を見つけることができるというもの。この養老天命反転地があるのが岐阜県の「養老公園」です。

養老山麓の豊かな自然溢れるなか、日本の滝百選・名水百選でもある「養老の滝」や「こどもの国」などが入る総面積786,000平方メートルの都市公園になっています。こんな自然いっぱいの養老公園を舞台に、世界に誇る情報科学芸術大学院大学(IAMAS)と連携したアートイベント「養老アート・ピクニック」が、2017年11月18日(土)、19日(日)に開催されます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン