2017/11/08 20:30

コーヒーを、身体をいたわりながら楽しむ方法 #ポジティブ栄養学

コーヒーのおいしい季節になりました。一口すすると、あたたかさとともにホッとした気持ちになります。というと「私もコーヒーが手放せない」「一日じゅう飲んでいる」という声もあがるかもしれません。

でもちょっと待って。それは単なるコーヒー好きとはちょっと違うかもしれません。もしかしたら、副腎がお疲れのサインを出している、という場合も......。

副腎を刺激しコルチゾールを出すようはたらくカフェイン

二つの腎臓のうえにある、ぶどうぐらいの大きさの副腎。ここからはさまざまな種類のホルモンを分泌しています。その数50種類以上。なかでも注目したいのがストレスと対抗するためのホルモン、コルチゾールです。

コルチゾールはストレスを感じるたびに、血圧や血糖値、神経作用などを調整、全身を守るためにはたらきます。また、脂肪をエネルギーとして使えるようにしたり、傷ついた細胞を修復できるようタンパク質を準備したり......。 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >