2017/11/13 16:30

目の疲れやドライアイを緩和する5つの方法

空気が乾燥する季節は、肌や髪だけじゃなく、目の乾きも気になります。目の疲れや乾燥対策に役立つ方法を、マイロハスの記事のなかから集めました。

セサミオイルで「酸化」を防ぐ

1711_dryeye_01.jpg

アーユルヴェーダでオイルマッサージに使うセサミオイルには、抗酸化作用があるといわれています。体が温まっているお風呂上りに「マルマ」と呼ばれるツボをやさしく刺激することで頭をスッキリさせ、眼の疲れを心地よく癒すことができます。同時に、顔のリフトアップやハリ・ツヤを与える美容面も期待できるというから、早速取り入れたい。>>3分でできる、アーユルヴェーダの簡単マッサージ

食事やストレッチで疲れを予防

1711_dryeye_02.jpg

視力がいいと言われてきた人ほど、最近は目の疲れを訴えてることが多いのだそう。遠くや近くを交互にくり返し見ることで目の筋肉の緊張をゆるめたり、アスタキサンチンという色素が含まれる鮭やイクラ、ビタミンCが豊富な赤ピーマン、キャベツ、ビタミンEが含まれるアーモンドなど、抗酸化作用のあるものを食べることも効果的。>>目の疲れを取る、予防する。6つの簡単ケア

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >