2017/11/14 16:30

紅茶研究家に聞く、いつもの紅茶をさらにおいしく飲む方法

紅茶は、季節を問わず愛飲されている人も多いですが、ちょっとひと手間かけるだけで、いつもの紅茶がおいしくなります。

いつもよりグッとおいしくなる紅茶のいれ方

11月1日の「紅茶の日」にちなみ、「キリン 午後の紅茶」主催のアフタヌーンティーパーティーが行われました。「キリン 午後の紅茶」のアドバイザーでもある紅茶研究家磯淵猛先生に、紅茶の歴史からティーメイクまで、紅茶の楽しみ方をレクチャーしていただきました。

1711_kiringogo_01.jpg
磯淵猛先生

おいしい紅茶をいれるポイント

・器を温めておく
・お湯は、95度で沸騰させすぎない
・茶葉がジャンピングするようティーポットにお湯を注ぐ
・最後の一滴(ベストドロップ)を大切にいれる

基本的ないれ方はみなさん同じだと思いますが、ポイントはお湯の温度。ついうっかり沸騰させすぎることが多い私ですが、そうすると水の中の酸素が少なくなり、茶葉がジャンピングしなくなり、おいしさが引き出されなくなるのだとか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >