2017/11/22 05:30

小雪の日からの過ごし方:冬の太陽からパワーチャージ。クリスマスティーを作ろう

立冬が過ぎて、朝晩には寒さを感じる季節になりました。これからは、朝目覚めると「布団から出たくないな」と思うことが多くなってきます。

暮らしに活かす二十四節気「小雪」の過ごし方

「小雪(しょうせつ)」
・毎年11月23日頃
・太陽と地球の関係:240度

今日(2017年11月22日)は、二十四節気の「小雪」です。小雪とは、北国から初雪の便りが届くようになり、冬が近づいてきたことを感じさせる頃。都心をはじめとする多くの地域では、まだ実感をともなわないかもしれませんが、太陽と地球の関係は着実に真冬へ向かっています。

星空ツアーの同行などで離島に行く機会の多い私は、空に星が見えはじめる時間が早くなったと感じるのが毎年今頃です。同時に、太陽が出ている時間が短いとも感じるので、天気のいい日はなるべく外を歩いて日光にあたるようにしています。そうやって陽の光を浴びることは、自然のリズムにそった養生につながります。

というのも、室内で仕事をしていると、日光を浴びるチャンスがどんどん少なくなってしまうから。とくに、ランチをオフィス内ですませている人は要注意です。最近、気分が落ち込みやすい、疲労感が抜けにくい、ヤル気が出ない、などと感じているとしたら、日光浴不足なのかもしれません。地下道を通らずに外を歩く、カフェでは陽が入る窓辺の席に座るなど、日光を浴びる機会を積極的につくりましょう。天気が悪いときは気分がどんよりしますが、天気がいいと気持ちも晴れやかになりますよね。陽の光から、私たちは元気をもらえるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >