2017/11/24 12:10

冬の鍋の材料がまるごと揃う「秋田ふるさと館」

秋田県が位置するのは、東北地方の北西部。日本海や、内陸部の山々に囲まれた土地で、冬は積雪が多く厳しい寒さが続きます。

そんな、冬が長い地域だからこそ育まれたのが、保存食文化。米どころでもあることから、ごはんをつぶして棒にまき、火であぶった「たんぽ」。それを鍋に入れるため切ったのが「きりたんぽ」で、「きりたんぽ鍋」は、秋田の家庭料理の定番です。他にも、鱈汁や納豆汁など、ぬくぬくと暖かい家の中で、さらに体を温める鍋料理が豊富。冬こそ秋田の食文化を存分に堪能できる時期なのです。

秋田から届く、ねぎ、まいたけ、せりなどの野菜や、冷凍肉、きりたんぽなどが並び、鍋の材料がまるごと揃う「秋田ふるさと館」。これからの季節、家族や仲間同士で集まって、鍋を囲む機会も増えるので、イベント的にアンテナショップで買い出しへ。

納豆の発祥地という説もある秋田の「檜山納豆」は、発酵食ブームもあって注目を浴びる存在。秋田では昔からよく食べられる食物繊維豊富な海藻「ぎばさ」は、目の前で飛ぶように売れていました。「秋田美人」というように、秋田は肌艶が美しい人が多い土地柄。食文化にも、美容や健康の秘訣が結びついているのでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >