2017/12/02 18:30

贈り物のプロ 裏地桂子さん。大切な人に贈りたいギフトとは...<番外編>

ギフトコンシェルジュ・裏地桂子さんに聞くギフト選びのコツ。番外編では裏地さんが身近な人に贈るギフトについて教えていただきました。

自分へのご褒美は帯か着物

最新作の『最上級のプチプラギフト100』をはじめ、これまで9冊の著書を出版されてきた裏地さん。本を出版したときは、自分へのお祝いとして、必ず着物か帯をあつらえているとのこと。美しい着物姿はインスタグラムでも拝見できます。

「こんな仕事をしているので、私へのプレゼントは難しいと言われることもあって。よく知っている友達には『シャンパンか近江屋洋菓子店のフルーツポンチをあげておけば機嫌がいい』と言われています(笑)」(裏地さん)

ご主人へのプレゼントは革のスニーカー

インタビューの後編では、「身近な人へのプレゼントほど、リサーチをしっかり」と教えてくれた裏地さん。ご主人へのプレゼントも、何が欲しいか聞いてから考えるとのこと。

「もしくは、夫の場合は基本的なファッションが決まっているので、それに合わせて贈ることが多いですね。定番は革のスニーカーで、色は黒。プラダかグッチが足に合うので、どちらかで選ぶことが多いです」(裏地さん)

女友達へのギフトはルームフレグランス

趣味がわかっている女友達に贈るなら、ちょっと高級なルームフレグランスがおすすめと裏地さん。

「自分で買うとなると一瞬考えるお値段なので、いただくと嬉しいんですよね。『Dr. Vranjes(ドットール・ヴラニエス)』のリードディフューザー『ボーボリ』は、レモンやオレンジフラワーのさっぱりした香りで男性にも好まれます。『ジョーマローン』のシトラス系の香りもいいですね。アロマキャンドルよりは断然リードディフューザーのほうがギフト向きだと思います」(裏地さん)

「ドットール・ヴラニエス」のリードディフューザーは、「バーニーズニューヨーク」でも取り扱っています。贈り物のプロの意見を参考に、ぜひホリデーシーズンのギフト選びを楽しんでみてください。

>>贈り物のプロに聞く、ギフト選びのコツとは?<前編>

>>贈り物の基本3か条は...。贈り物のプロに聞く、ギフト選びのコツ<後編>

20171202GIFT_PRO.jpgお話を伺った人:裏地桂子さん

ギフトコンシュルジュ、クリエイティブコーディネーターとして、雑誌や企画展などの商品セレクションをはじめ、ショップのプロデュースや商品企画、商品開発などを手がける。食通、きもの好き、京都好きとしても知られ、2012年より、京都、東京にて、個別指導の「草月流師範・裏地桂子のいけばな教室」を主宰。著書に『ごきげん力 8つの育て方』(ワニ・プラス)、『最上級のプチプラギフト100』(光文社)他、多数。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >