2017/11/29 05:30

次世代型フードラップで、リビングフードをエコに保存

高温で加熱しない「ローフード」=「生の食べもの」を超えて、いまや「リビングフード」=「生きている食べ物」に注目があつまっています。たとえば、菌が生きている発酵食品や、とれたての新鮮な野菜や果物もそのひとつ。

そこで、リビングフードの摂取をより効率的に実践できるというフードラップを試してみました。

保湿、抗菌、通気性に優れた天然素材のラップ

2008年にカナダで創業したabeego(アビーゴ)社のオリジナル商品「abeego®ビーズワックスラップ」は、オーガニックコットンでできた生地に、独自の配合でミツロウ・天然樹脂(木由来)・オーガニックホホバオイルをコーティング。プラスチックのフィルムラップにはない通気性と、天然の保湿性抗菌性により、食品の鮮度を長持ちさせることができます。食べ物に含まれる生きた栄養素・酵素を積極的に取り入れる食事法である、リビングフードを実践するために欠かせないツールになりそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >