2017/11/29 20:30

菌の力で風邪に負けないタフな身体を #ポジティブ栄養学

まだ11月なのに季節はすっかり冬の様相。厚手のコートやモヘアニットといったファッションを見かけるたびに、あたらしい季節の始まりを実感します。私も、一年ぶりに袖を通すカシミアニットの肌触りを楽しんでいるところです。

その一方で、電車に乗るとマスク姿の人や咳き込んでいる人もたくさん見かけます。いそがしい時期、風邪なんてひいている場合じゃない、なんてときに限って、こじらせてしまうのが風邪。だからこそ、日ごろからうがいをするなど、ケアをしている人も多いでしょう。そんな毎日のケアを食卓から、菌の力を借りて取り入れることができます

腸は免疫の7割をつかさどっている

風邪予防のキーワードとおいえば免疫力。そこで最近注目されているのが腸です。身体全体の免疫細胞の6~7割が腸にあることから、免疫の7割をつかさどる、とも。

内なる外と言われる腸。身体の内側だと思いがちですが、実は外側ともいえる臓器でもあります。たとえばちくわ。筒の中を腸とするなら、ちくわの魚肉の部分が本当の意味での内側と考えることができます。それだけに、食べ物とともに入って来るさまざまな病原菌やウイルスに、つねにさらされている場所でもあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >