2017/12/12 21:45

植物がすくすく育つコーヒー豆からできた肥料

淹れたてのコーヒーを自宅で味わう贅沢は最高。様々なパッドタイプやカプセルタイプのものが家電の定番ともなり、「おひとりさま」用のコーヒーメーカーも市場にずいぶんと出回るようになりました。しかし気になるのはそのゴミの量。それらゴミを100%リサイクルして、肥料にして売り出すスイスの会社が注目を浴びています

パッケージまでもが肥料になる

この「コーヒー豆からできた肥料」は、スイスのコーヒー会社・ベアナレラが売りだす「ウーマナイザー」。厳密にいえばコーヒー豆だけでなく、カフェ・カプセル、またパッケージの全てをリサイクルして肥料(68%はミミズたい肥、19%は鶏糞、13%グアノ)へとリサイクルしています。完璧な製品管理がなされているので、安心して使えるのがいいところ。室内用の花や観葉植物だけでなく、またバルコニーの野菜にもと、オールラウンドに使えます。

その肥料のパッケージの大きさも特徴的で、少し大きめのカップに480ml入っており、お値段は8.95ユーロ。もちろん、この肥料の入ったカップもコンポストすることが可能です。肥料と聞くとホームセンターで大きなビニール袋に入っているのを想像しがちですが、ウーマナイザーは見た目も洗練されていて、まるで部屋のデコレーションみたい。一見して、肥料だと気づかないのが良いのでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >