2017/12/14 23:15

おいしいって何だろうか #根本きこの島ごはん

朝、お弁当のおかずにと、きんぴらごぼうを作った。
ごぼうは、母が手荷物で運んできてくれた、大分耶馬溪産の泥つきごぼう。「太いんだけど、やわらかくて美味しいの」。立派なごぼうを、3本ももってきてくれた。
たわしで軽く洗い、ささがきにする。ザッザッザッとボールに切ったごぼうを放る作業。

途中、「は!」と気がついて、まったくごぼうに気持ちが向いていないことに我ながらおののく。頭の中は、「そろそろ洗濯物が終わるかな」とか、「薄切りの豚肉が少しだけあまっていたのはどうしようか」とか、犬に加えあひるの餌のこと、そして昨日やってきた猫の餌のことなど、肝心の目の前の「ごぼう」はそっちのけだった。

171214_kiko_1.jpg毎日の料理作りのなかで、意識的に素材を見ることができたら。と、思う。

そんなことを思うようになったのは、友人である料理家の奥津典子さんの影響だ。

確かに、典子さんのアドバイスのように切ると、気持ちが通る。「呼吸を止めないように切る」「切る姿勢に気をつけて見る」「炒める素材をじっと見る」ひとつひとつの所為の細部にこそ、たいせつなものは宿るのだ。これまで、自称他称共に「せっかち」と、名乗り続けて早40数年。でも、これからでも遅くはないだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >