2018/01/04 10:30

肝臓が疲れたら、イチゴとコーヒーを摂るのがよい理由

忘年会から年が明け新年会と、肝臓が疲れる時期です。空っ風にお肌も乾燥して疲れてしまうので、しっかりケアしたいもの。そんなときに、ちょっと意識して摂りたいのが、イチゴポリフェノールコーヒーポリフェノールなんだとか! その理由を金沢大学の太田富久名誉教授に伺いました。

ポリフェノールの効果効能とは?

ポリフェノールが体に良いということはよく聞きますが、その理由は詳しく知らないという人も多いのでは。そもそもポリフェノールとは、植物が自らを酸化ダメージから守るために作り出す物質で、赤ワインやコーヒーなどに豊富に含まれています。

すべてのポリフェノールに抗酸化作用や抗炎症作用があります。また、種々のポリフェノールに置いて、血糖値の上昇抑制、肝機能改善、血中コレステロール上昇抑制など、さまざまな効果について研究がすすめられています」と、太田名誉教授。

なかでも、コーヒーポリフェノールであるクロロゲン酸類などは、アルコールを分解する肝臓のサポート機能が期待されています。また、イチゴポリフェノールであるアントシアニン、エラグ酸は、抗酸化作用があり、お肌のシミリスクの緩和が期待されているそう。この時期、摂るのがおすすめのポリフェノールなんだとか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >