2018/01/22 19:15

乳がんを早期発見するためのセルフチェック法

20180112_manma5

年齢を重ねるにつれてしみじみ感じることは「健康第一」。あたらしい年を迎えたことを機に、今年は定期的に自分の体と向きあってみるようにしましょう。著名人の訃報などで世間を騒がせた「乳がん」。とても恐ろしい病気ですが、早期発見、早期治療を行えば90%の生存率があるのです。

今回は乳腺専門クリニック「mammaria tsukiji」院長の尹玲花(いん れいか)先生にお話を伺ってみました。

大切なのは「セルフチェックの習慣化」

健康診断などで乳がんのセルフチェック方法を教わったことがあります。なぜ検診を受けるだけではダメなのでしょうか?

尹先生「通常、自治体で補助される検診は2年毎、職場の健診などで受ける場合も1年毎になることが多いと思います。乳がん発見のためにはその頻度でも十分ではありますが、やはり自分の体の変化は自分が一番気づきやすいもの。普段から乳腺の状態を知っておき、異常があるときに気づきやすくするためにも、セルフチェックを習慣化しておくことが大切です。そして、心配な症状があるときに相談しやすい医療機関を見つけておくことも、万が一のときに慌てなくて良いですよ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >