2018/01/27 20:00

マウスガード以外の、歯ぎしり対策法6

20180126_Nighttime-Grinding_top

歯ぎしりをしていると、歯医者は頭痛や虫歯、歯が欠けるのを防ぐためにマウスガードやスプリント(治療用装置)を処方してくれるかもしれません。

「きちんと口にあって専門家が調整したマウスガードが、歯ぎしりや食いしばりの一番の対処方法」と話すのは、米国歯科協会のマシュー・メッシナ歯科医師。ただ、すべての歯科医がみんなマウスガードをすすめるわけではないのです。

こういった器具は歯を守ってくれるかもしれないけれど、根本的な治療や解決方法にはならないと、一般歯科協会のマーク・バーヘン歯科医は説明します。また、こういったものは高額でもあり、歯科医に処方されたマウスガードは1000ドル以上になることも。

それではマウスガードだけでなく、他にどういった方法はあるのでしょうか?

01.話をしてみる

20180126_Nighttime-Grinding_1

認知行動療法とは、ストレス、不安などのネガティブな感情とその原因を瞬時に認知させるように脳を訓練するもので、ネガティブな感情にどう対処するかといったテクニックも含みます。認知行動療法はストレス対処法としても知られていて、歯ぎしりがストレスやテンションが原因とされているので、歯ぎしりに効果的だという結果があるのも理解できます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >