2018/01/30 20:30

小池龍之介さんに聞く!「瞑想とは何か?集中しようとしていませんか?」【前編】

20180201_meisou

こんにちは。翻訳者&エディターの松本恭です。

今回の「楽しい瞑想」では、僧侶で瞑想指導家の小池龍之介さんに、「心のクリーニング」や「瞑想のポイント」というテーマで、瞑想を通じた心の扱いかたを教えていただきました。

『考えない練習』、『苦しまない練習』(共に小学館)など、仏教の教えに基づく多くの著作を執筆している多忙な作家でもある小池さんは、毎月鎌倉の稲村ヶ崎にある「月読寺」で坐禅会を開催し、多くの人に瞑想指導を行っています。瞑想会や各地の出張講座のスケジュールは、ウェブサイト「家出空間」で確認できます。

20180201_meisou1

「月読寺」の坐禅会では、午前中が初心者向けの指導、精進のおむすびを食べながら行う「食禅」を挟んで午後は坐禅経験者を対象とした指導(座る瞑想、歩く瞑想、質疑応答)が行われています。朝から参加すると7時間以上、ひたすら瞑想を行います。

長時間の瞑想は、意識が散漫になりがちで、長く坐ったわりにはあまり意味がなかったということになりがちですが、とくに午前中の初心者のための指導では、気を散らす間もないほど降り注ぐ「言葉のシャワー」によって、クリアな状態を維持することができました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >