2018/02/07 20:00

健康な人がグルテンフリーをすると危険な理由

ここ数年、(特にセリアック病ではない人の間で)ブームになっているグルテンフリー。手っ取り早くパンやパスタなどの小麦粉を使った食品や炭水化物を減らす方法とか、話題の健康食のように思われがち。しかし(小麦アレルギーがあるなど)必要もないのにグルテンを断つと、心臓の健康に良くないかもしれないのです。

セリアック病ではない人がグルテンフリーにすると

20180131_glutenfree_top

実は気をつけないと、自分の判断でグルテンフリーにするのはとても危険。最近、英国医学誌BMJ誌に報告された研究によると、セリアック病ではない人がグルテンフリー食にした場合、心臓と血管の病気になるリスクが高くなる怖れがあるという結果も。その理由はどうやら全粒穀物を取る量が減るから(つまり、全粒穀物に含まれる心臓に良い食物繊維が減るのに補充しないから)。

セリアック病は遺伝性の自己免疫疾患(アメリカ人のおよそ1%がこの病気)。ほんの少しでもグルテンを取ると、炎症や腸のトラブルが起きてしまいます。この病気の人にとっては本当に大変。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >