2018/04/18 10:30

体調変化に気づいたら「お口のケア」を見直して!

疲れやすくなった、すっきり目覚めないなど、病気とまではいかなくても不調を感じやすくなる30代。免疫機能は20才前後をピークに、年齢とともに低下するのだとか。

20180319_systema_top

実は、外見や体調が変化するように、お口の中の環境も少しずつ変わってきています。まずはその変化を認識して、早めのケアを心がけたいですね。

不調を感じ始めるのは30代

ライオン株式会社 快適生活研究所ヘルスケアマイスター芳賀理佳さんによると「30代は不調のデパート」なのだとか。15〜79歳の女性4300名を対象に、気になる症状などを調査した「女性の不調の兆し調査」によると、不調を感じている項目が最も多かったのは30代。高齢になるほど不調を感じそうですが、実は不調を訴える人のピークは30代なのです。

気になっている症状のトップ3は「首・肩こり」「体型の変化」「太っている・太りやすくなった」。20代にはなかった変化を感じ始める頃ですね。

外見に関する変化を認識する人が増える一方で、「歯周病」「歯ぐきの腫れ・出血」といったお口のトラブルをあげる人は30代では少数です。しかし厚生労働省によると、30代の約8割が歯肉に所見があるそうです(2011年歯科疾患実態調査)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >