2018/03/30 10:40

世界で活躍する女性も体感。パフォーマンスがあがる睡眠のコツ

昨年の「睡眠負債」ブームを経て、日本人の睡眠不足は多少なりとも改善されたのでしょうか? アンケート結果によると、現実は厳しそう。睡眠不足がもたらす負の連鎖が、毎日のパフォーマンスに大きな影響をもたらしていることが、寝具メーカー「エアウィーヴ」の調査で明らかになりました。

「睡眠」がクローズアップされた2017年

airweave_01

忙しくても自分らしい時間を持ち、健やかな暮らしを送るためには、日々の睡眠不足の解消はマスト。どんなにエクササイズやスキンケアに励んでも、「睡眠の質」が低くては活力を維持できません。

限られた時間でいかに“効果的”に眠るか。その方法を探し求めている人がどれほど多いかは、2017年の流行語に「睡眠負債」がランクインしたことでも明らかになりました。日本人は世界的にみても睡眠時間が足りないといわれるけれど、「眠り」に注目する人が増えてきたいま、状況は変わったのでしょうか?

airweave_02-1(グラフ1)

結論から言えば、答えは「ノー」。快眠をサポートするマットレスを開発している「エアウィーヴ」のアンケート調査によると、1日の平均睡眠時間が6時間未満の人が約40%、6〜7時間未満の人が35%。理想的な睡眠時間とされる7〜8時間を確保している人がほとんどいないという実態が明らかになりました(グラフ1)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >