2018/04/04 10:30

能登・羽咋市で出会える自然栽培野菜と本格フレンチ地産地消レストラン

能登半島・石川県羽咋市(はくい)をご存知ですか? 羽咋市は、金沢から車で40分程の能登半島の西の付け根に位置する山と海に挟まれたところにあり、自然豊かな街、その地形を生かした棚田も有名です。

世界農業遺産認定地、自然栽培の聖地化を目指す羽咋市へ

20180328_sakui_top神子原の棚田20180328_sakui_1

そんな羽咋市は今、JAはくいと共同で化学肥料や除草剤を使わず、土壌を自然の状態に整え自然の力で作物を栽培する『はくい式自然栽培』の農業に力を入れています。この取り組みは注目を集め、2011年には『能登の里山里海』として近隣の七尾市、輪島市などと共に国連食糧農業機関から日本で初めての世界農業遺産の認定を受けた土地。今回はそんな『はくい(羽咋)の農・食・文化・観光交流体験ができるツアー』に参加してきました。

畑で食べた野菜の美味しさに感動

20180328_sakui_3自然栽培のラディッシュが並んだ畑

到着して、まずは自然栽培の畑や椎茸栽培を行う里山を見学。 人参や春菊、ケールなどが作られている畑の土は黄土色でサラサラとしていて、イメージしていた黒っぽい土とは全く違いました。 畑で作業をしている方から「よかったら抜いて、食べてみてください」とのお言葉に誘われ、人参を抜いて何もつけずにかじってみると、癖のない自然な甘味があり、自然栽培による人参本来の美味しさを実感しつつ、葉も含めて一本丸ごと食べてしまいました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >