2018/04/05 05:30

清明の日からの過ごし方:浮き足立つ心は瞑想で整える、ラッキースター木星が見頃に

色とりどりの花が咲き、鳥たちはさえずり、やわらかな風が頬をなでていく穏やかな季節になりました。春爛漫の雰囲気に、自然と心が浮きたちます。

暮らしに活かす二十四節気「清明」の過ごし方

20180328_seimei_top

「清明(せいめい)」

毎年4月5日頃太陽と地球の関係:15度

今日(2018年4月5日)は、二十四節気の「清明」です。清明とは、清らかで明るい春の陽射しを受けて、自然界が生き生きとする頃。世の中では新年度がスタートして、入学式や歓迎会など、晴れやかなイベントが多い時期です。お花見シーズンとも重なって、気分はいつもウキウキ、ワクワク。そんな心の状態は、「ヤル気」や「元気」を与えてくれます。しかし、度を越したウキウキやワクワク感は、落ち着きのない状態をつくりだしてしまうことも。いつもよりハイテンションになりやすかったり、早とちりを繰り返したり、言動が空回りしたりするのは、清明の頃に出やすいサイン。「こんなはずじゃなかったのに」となる前に、1日に1回は気持ちをリセットする時間をつくり、心をフラットにしましょう。そのために今日からすぐにはじめられるのは「瞑想」です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >