2018/04/07 20:00

外を歩くことで得られる、驚くべき9つの健康効果

ウォーキングをはじめて間もない人も、歩数を記録してしばらくたつ人も、外を歩くことの健康メリットを意識することは、歩くモチベーションになるはずです。実はこういったモチベーションのほうが、体重を減らすなどの外的なモチベーションよりも強力かもしれません。

外を歩くメリット

どんなメリットがあるかあまりよく知らないという人も、外を歩くメリットのリストを読めば、すぐにでもウォーキングに出かけたくなるはずです。

1. ずっとしあわせになる1-gettyimages-518339017

ランナーズハイという言葉は聞いたことあるかもしれないけれど、実は歩くことでも同じようにハイになれることを知っていましたか? 歩くことで、脳はセロトニンやドーパミンなどの「しあわせ物質」を分泌して、これが歩いているときだけでなく、終わってからも気分をよくしてくれるというのです。外でウォーキングすることは、室内で歩くよりもうつ病の割合を下げてくれることもわかっています。

2. 記憶の低下を防ぐ2-gettyimages-539665361

歩くことで脳由来神経栄養因子(BDNF)というタンパク質の一種が放出されます。BNDFは脳の栄養ともいわれるもので、新しい神経細胞の発生や成長を促し、記憶の低下や認知症を予防してくれます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >